FC2ブログ

スポンサードリンク

【別冊マガジンが見つからない】「AIの遺電子」という面白いマンガが終わって 別冊マガジンへ引っ越し【第一部 完結】

  12, 2017 07:25

きっかけ


私はAmazonのKindleで無料で読めるマンガをよく読みます。
概ね「期間限定」だったり「1巻のみ」だったりします。
で、今回のお話。
「AIの遺電子」の「1巻のみ」が「期間限定」で配布されていました。
で、読んでハマっちゃったんですよね。
この漫画、「週刊少年チャンピオン」で連載されています。
この漫画を知るまではチャンピオンを読んでなかったんですよね(立ち読み)。
この漫画が知ってからは毎週木曜日が楽しみです。
この漫画、一話完結なのでどこから読んでも大丈夫です。
「こち亀」と同じ感じですね。
ちなみについ先日、6巻が発売されたようです。
ご興味を持たれましたら是非読んでみてください。


「AIの遺電子」の世界観


時間軸は近未来です。
人間の他に「産業AI」、「ヒューマノイド」が沢山居ます。
産業AIとは、いわゆるロボットです。タクシーが無人になっていて音声認識で送り届けてくれたり、飲食店なら接客やらキッチンやらゴロゴロしてます。
産業AIのおかげで、極論 人間は働かなくても大丈夫になっています。
羨ましい世界です。
次にヒューマノイドです。
このヒューマノイドの存在がこのマンガを奥深く、面白くしていると言っても過言ではありません(と、少なくとも倹約評論家は思っています)。
ヒューマノイドもいわゆるロボットなのですが、人間に限りなく似せられています
人間と同様に感情を持ち、人権(?)が保証され 人間と同様に老いて死に至ります。
脳以外は取り替えることが可能なので、緊急時は頭さえ守っていれば助かります(というか置き換えることが出来ます)。

「AIの遺電子」の主人公



主人公は人間の男性です。

主人公は医者です。

スポンサードリンク

ただし、ヒューマノイド専門の。

助手は女性ですが、ヒューマノイドです。
主人公が人間だけど ヒューマノイドの医者をしていて パートナーが異性のヒューマノイドという複雑さがこの漫画の面白さを引き立てています(と、少なくとも私は思ってます)。
ネタバレになりますが、主人公の母親はヒューマノイドです。
ヒューマノイドが結婚して子供が欲しくなると、夫婦のDNA(人間で言うところの)を機関に送って二人の子供を作ってもらいます
あるいは養子を取ります
なので、人間の親がヒューマノイドというのはよくあるみたいです。
実際の割合がどうかはわかりませんが、ドラマチックなシナリオになるのでマンガにはよく出てきます。

「AIの遺電子」の作者


作者は山田胡瓜さんという方です。

よく知りませんでしたが、元ITニュース記者だそうです。
こういった内容はお手の物なのかもしれませんね。
リアリティがあるなぁ~」と感じさせられます。
加えて私が理系だから余計に面白いと感じるのかもしれません。
理系の人にはおすすめですね。
特に理工学系の人。

2017/8/24発売号の週刊少年チャンピオンで終わってしまう


ストーリーが急変してたので予感はしてましたが、来週で最終回との予告が出ていました。

好きな人は好きだけど、やっぱり大人気とは行かず、打ち切り なのでしょうか?
非常に残念です。
また読むマンガが減ってしまう。
これで週刊少年チャンピオンを読まない生活に戻っちゃいますね

2017/8/24発売号の週刊少年チャンピオンで一旦完結


別冊マガジンへ舞台を移して話は続くようです。

話はシリアスになり、続き者になりそうな気がします。

継続して面白ければ良いんですが。

別冊マガジンが置いてないので続きが読めてません・・・


一体どこにあるんですか???

置いてあるコンビニ(立ち読み可能)があったら教えて下さい。

近代麻雀でも10件回れば1件はあるんですが、別冊マガジンは本当にないです。

発売日は毎月9日とのことです。

出ちゃってるじゃないですか・・・

ちなみに公式HP見たところ、連載作品の中に「aiの遺電子」の記載がないです。

どうなったんだろ???

立ち読みしたいー!


ご覧いただきありがとうございました。
関連記事

スポンサードリンク

AIの遺電子 マンガ 完結

0 Comments

Post a comment


スポンサードリンク

What's New