FC2ブログ

スポンサードリンク

【NHK 犬HK】受信料 契約 支払い 未払い 滞納 解約 時効。悩みが尽きない問題

  07, 2017 09:51

実家から電話



NHKから「過去20年分くらいの受信料を払え」と電話が来たそうです。

で、母が「受信料は過去5年以前は時効じゃないの?」と言った所、

NHKから「時効制度を利用する承諾書?」が送られてきたそうで。

記入だか捺印だかして送り返すやつみたいです。


ここで、母は「こんなもの送り返す必要があるのか?」と電話をしてきました。

そんなもん知りませんやん。


いい機会なのでNHKの受信料について払う必要あるのか無いのか、改めて調べてみることにしました。

スポンサードリンク

「NHKとの契約」と「NHKへの支払い」は別物

「NHKとの契約」は義務のようです。

放送法64条に

~~~~
協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第百二十六条第一項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。
~~~~

と、書かれていますね。

ただし、放送法の第64条には罰則が定められておらず、破ったからといって何か明確な罰が与えられるわけではないようです。

だったら、契約しなくていいわいな。


さて、話を「契約」から「支払い」へ移します。

「契約」は放送法で義務化されています。

しかし、「支払い」を義務化している法律は今のところありません。

しかし、「NHKとの契約書」には支払いを「義務付けている文面」があるようです。



ということで、まとめると

・NHKとの契約は放送法で義務付けられている

・NHKと契約すると、NHKとの契約書で支払いが義務付けられる。

・結果として契約=支払いということになる。

・しかし、NHKとの契約をしなくても法律違反ではあるが、罰則はないので 問題がない(ともいえる)。

ということになりますね。



NHKの会長がNHK受信料の支払いは義務ではないことを認めているらしい!

過去に、国会でNHK会長が答弁で「NHK受信料の支払いも法律で定めていただきたい」という旨の発言をしたらしいです。

つまり、NHK会長が「NHK受信料の支払いの義務を法律で定めていない」事を認識しているということです。

NHKの親玉がそう認識してるんだから、そういうことなんでしょう。



最初からNHKとは契約しないこと



NHKとの契約を解約するのはとても大変らしいです。

契約解除のためにテレビを捨てたならその証拠を提示する必要があるそうです。

面倒なので、最初から契約しないのが一番良いです。


訪問の場合は知らない人が来た場合は無視するのが一番でしょう。

知り合いが来る、宅急便が来る。

事前の予定は把握できるでしょう。

それ以外の訪問客はすべて勧誘だと思って無視するのが一番です。

宅急便は申し訳ないけど、再配達してもらいましょうw

幸い、防犯モニターが付いているインターホンが増えています。

見た目で知人や宅急便業者であることはわかりますので、あきらかにNHKなヤツは無視しましょうw


電話の場合も同様です。

携帯電話なら番号が出ますし、固定電話でもナンバーディスプレイがアレば電話番号がわかります。

明らかに知らない番号の場合は無視しましょう。


さて、出てしまった場合はどうするか。

私は過去に1回だけ、宅急便業者の来る時間帯にNHKが来てしまったのでインターホンに出てしまったことがあります。

その際は、「すいません。今忙しいので」と言って、即切りました。

(運良く)追撃でインターホンを鳴らされることもなかったですよ。

間違って出ちゃったら参考にして下さいw



NHKの受信料の時効は5年


金銭に関する時効はその内容によって時効となる年数が変わってきます。家賃など定期的に支払い義務が発生するものは5年、サラ金などでの一般的な借金は10年とそれぞれ定められています。

NHKはもともと10年を主張していたようですが、最高裁で2014年にNHK受信料の時効は5年であると判断されました。

時効は債務者側(お金を借りている側)が債権者(お金を貸している人)に知らせることで初めて効力を持つそうです。

これを「時効の援用」というそうです。

時効援用通知書という書類を配達証明付きの内容証明郵便で債権者に送付することによって通知する方法が一般的です。

NHK相手にここまでしないといけないんですかね。

こんな面倒なことするくらいなら最初から契約なんてしなきゃいいのに。


過去の判例

・「ワンセグ携帯の受信料支払い」についての裁判でNHK側が敗訴しているらしいです。

→テレビ以外の機器(パソコンやスマホ)での裁判でもNHKが負ける可能性は高そうですね。



おまけ:「犬HK」とは

今回の記事を調べてたらちょいちょい出てきたので、おまけ程度に引用。

http://dic.nicovideo.jp/a/%E7%8A%AChk
====

犬hkとは、日本放送協会(NHK)の蔑称である。決していい意味で使用することのない、蔑んだ使い方で使用するため、用法容量は正しく守りましょう。

偏向報道や情報操作、またねつ造報道や在日朝鮮人の話題が登場した時に散見される。

====




ご覧いただきありがとうございました。








関連記事

スポンサードリンク

NHK 悩み 受信料 問題 犬HK

0 Comments

Post a comment


スポンサードリンク

What's New