FC2ブログ

スポンサードリンク

【いたスト2】株取引や土地転がし、インサイダー取引が学べる「いただきストリート2」

  22, 2017 22:24

いただきストリートとは


第1作がファミコンでアスキーから1991年発売。
現在でも最新作が2017年に発売予定と、続いてるボードゲームのシリーズです。
一言で言えばすごろくですが、桃太郎電鉄などに代表される、ゴールに行くだけで勝敗が決まらないすごろくです。




スポンサードリンク

久々に遊んで見る


このゲームは4人プレイが原則です。
不足分はコンピュータがやってくれます。

ボッチなのでコンピュータが3人分やってくれます。
強さランクはA~Dまでありますので、A二人とB一人にしておきました。

大きな地図だと疲れるので一番小さな「貝がら島」を選択。
目標金額はデフォルトの10000Gから最高額の100000Gへ。
破産人数は1人から3人へ。
つまり、一人が生き残るか、本来のノルマの10倍稼げるまではゲームが終わりません。




このゲームの収入源は主に下記のとおりです。


・チェックポイント4箇所を通って銀行(スタート)へ戻るとサラリー(給与)がもらえる。
・自分が買った店に他の人が止まった時に貰える「買い物料」(自分が他の人のところに止まると逆に取られます)。
・購入した株の「値上がり」(キャピタルゲイン)
・自分が持っている株のエリアで発生した買い物に対する「配当」(インカムゲイン)

こういったところでしょう。
しかし、この辺の効果はサラリー以外は複合していて思考力が求められます。
と言ってもパターンですけど。

こんな感じです。

店を買った後(空き店舗に止まるとその店を買うことができます。序盤は店の取り合いです)、自分の店に止まると 自分の店舗を増資できます。
ポイントなのは「止まった店」と「増資する店」が違っても良いというところです。


自分の店が多いほど増資の面でも有利です(他の人の店に止まって支出する可能性が減る点でも有利です)。

さて、今回のプレイの画像です。
背景が緑色が私の店です。

自分が買った店のエリアの株を買っておく。
増資になったら株を買ったエリアの店舗の増資をする。



画面のお店の買い物料が94Gです。
こちらへ245Gの増資をしました。

すると買い物料が増加します。
188Gになりました。

これまでは他の人が止まって貰える料金が94Gでしたが188Gになってオイシイわけです。



加えてそのエリアの株価が上がります。
資産が増えますね。
13Gから16Gなので3割位上がってますな。
ストップ高かな。

自分が買った株に有利なことをやって儲けるのはインサイダー取引に当たる可能性があるので実際にはやらないようにしましょうね。




1件だとこの程度ですが、同じエリアに自分の店が増えれば増えるほど、買い物料が上がり さらに増資可能額も増加します。
3件買い占めてある程度増資した状態が下図です。
買い物料が4桁になっていますね。



さらにもう1件買って、全4件を独占した状態がコチラです。
買い物料が8000Gとかになっています。

自分以外の店に止まった時、空き地じゃなくても本来の店舗の価格の5倍の価格で強奪することが可能です(「5倍買い」 といいます)

金に物を言わせてガンガン買っていきます。
すると自分のマスに止まりやすくなるので増資し放題。
そんなロジックですね。



最終的に10万達成した結果がコチラ。
画面上の右側の買い物料が「0640」となっていますが、これは「10640」です。
万の位が出ないんですよね。



結果がご覧の通り。
独占エリアの株をインサイダーでボロ儲けしたっていうのがありありな結果です。



いたストで学べること


・株で儲けれることが学べる。
・株の価格が動くことが学べる。
・ただし、実際の株に比べると明らかに単調な動き(概ね値上げしかしない)。

現実の株とは違うとは言え、こういう概念を学んでおくと 将来は優秀なトレーダーになるかもしれませんね。


ご覧いただきありがとうございました。

関連記事

スポンサードリンク

いたスト2 株取引 土地転がし インサイダー取引 いただきストリート2

0 Comments

Post a comment


スポンサードリンク

What's New