FC2ブログ

スポンサードリンク

【テクニカル投資】平滑移動平均線とは?単純移動平均との差は?あんまり使えない指標?

  28, 2016 13:39
単純移動平均線(移動平均線、Simple Moving Average:SMA)に対して平滑移動平均線(指数平滑移動平均線、Exponential Moving Average:EMA)と呼ばれる指標があります。
よくわからなかったので調べてみました。

要するに当日を2回重み付け(前日以前の倍付け)で値を算出している模様です。

例として25日移動平均値の式は下記になります。

25日単純移動平均値=(24日前終値+23日前終値+・・・+2日前終値+1日前終値+本日終値)/25
25日平滑移動平均値=(24日前終値+23日前終値+・・・+2日前終値+1日前終値+本日終値+本日終値)/26

下図に単純/平滑移動平均線の例を示します。
緑が5日、赤が25日、青が75日移動平均線で、実線が単純、点線が平滑移動平均線になります。

平滑のほうが当日の重みがますので当然ながら当日の終値、つまりチャート(ローソク足)により近づくことになります。
テクニカル手法における移動平均線というのはチャートとの差を見るものだと思っているので感度が小さくなるこの指標に意味があるんでしょうか?
ゴールデン/デッドクロスといった移動平均線同士のサイン見極めだと単純移動平均では見えないものが見えるのかもしれません。
また残件が増えました。

チャート投稿用
関連記事

スポンサードリンク

テクニカル投資 平滑移動平均線 単純移動平均 あんまり 使えない 指標

0 Comments

Post a comment


スポンサードリンク

What's New