FC2ブログ

スポンサードリンク

【テクニカル投資】一目均衡表は武器になりうるか?相場見極めに使えそうだがややこしすぎて使いにくい?

  01, 2016 11:16
一目均衡表という指標があります。
「4本の線」「線と線の間の1つの雲」
色々見てますが、コレが今のところ一番難しいですね。

★線/雲の定義
基準線(下図 赤線):その日を含めた26日間での最高値と最安値を足して2で割ったもの。
転換線(下図 緑線):その日を含めた9日間での最高値と最安値を足して2で割ったもの。
遅行線(下図 紫線):26日先の終値。
先行スパン1(下図 黃線)基準線(下図 赤線)転換線(下図 緑線)足して2で割って、26日先へ進めたもの。
先行スパン2(下図 水色線):その日を含めた52日間での最高値と最安値を足して2で割ったものを26日先へ進めたもの。
先行スパン1(下図 黃線)先行スパン2(下図 水色線)の間のゾーン。

★テクニカル手法としての使い方
好転(買い)転換線基準線からへ抜く。
逆転(売り)転換線基準線からへ抜く。
雲(抵抗):株価が雲に近づくと反発する(株価が雲より高く、下がってきたら雲近くで反発して上がる。逆も然り)。雲が厚い(スパン2本の幅が広い)ほど信憑性高い。
遅行線がローソク足を抜く(買い)
◎ローソク足が雲の上だと(買い)
☆三役好転(強い買い):◎をすべて満たした状態。逆は強い売り(三役逆転)

チャート投稿用

長々とまとめましたが、どうも使いにくそうだなぁという印象です。
上げ、下げ相場の見極めに使える感じですが、都合よく3役揃うこともなさそう。
逆に言えば揃えば期待は大という感じでしょうか。

関連記事

スポンサードリンク

テクニカル投資 一目均衡表 武器 なりうるか 相場 見極め 使えそう ややこしすぎて 使いにくい

0 Comments

Post a comment


スポンサードリンク

What's New