FC2ブログ

スポンサードリンク

「英雄伝説 空の軌跡 3rd」が難解なRPGである理由3つ

  21, 2018 18:50
8年のブランクを超えてクリアを目指していますが、反応があったのでこのゲームがいかに大変かを解説。

少しでも伝わると幸いです。

スポンサードリンク

ステータス異常


このゲーム、ステータス異常が豊富です。

で、それを各キャラ2つづつ装備できるアクセサリーで異常を防止することができます。

例えば、シルバーピアスを装備すると毒を無効化できます。



このステータス異常を被るとかなりエグいことになります。
そして種類が豊富。

毒:行動後にダメージを受けます。MHP20000弱のキャラで2000以上受けるので10%以上ダメージ受けてますね。
封技:攻撃、クラフト(技)使用不可。
暗闇:攻撃がほぼほぼ当たらなくなる。
睡眠:行動不能。攻撃を受けると回復。
気絶:行動不能。
混乱:敵味方関係なく勝手に攻撃。
凍結:行動不能。行動後にダメージを受ける。
石化:行動不能。攻撃を受けると戦闘不能になる(砕かれるってこと?)。
封魔:アーツ(魔法)使用不可。

何と9種類もあります。
アクセサリーによっては、1つで2つの異常を向こうに出来るものもありますので 最高4/9防げますが、いずれにしても決め打ち(情報を知ってないと)厳しいですよね。

オーブメント/アーツ


このゲーム、武器防具アクセサリーだけじゃなくて、オーブメントという装備項目があります。

オーブメントと呼ばれる盤の上にクオーツというものを置いていきます。

クオーツによってパラメータ等も変化しますが(HPや攻撃力が増えたり)、それ以上に重要なのがこの配置で使えるアーツ(魔法)が決まること。

中心から出ているライン毎のクオーツの属性値の和に応じてアーツが決まります。

このキャラはラインが2本ですが、キャラによっては1本だったり(これが一番楽)、4本だったりして大変です。



とは言っても私の思う所だと現状はラ・ティア系(HP複数人数回復)が使えるかどうかだけ意識しておけば良いので水、風、空がラインで重なるように意識すればOKかと(それだけでも結構面倒くさい)。

戦闘


どこでもセーブできる、回復箇所が豊富ゆえに戦闘がきついです。

ひ弱なキャラで敵を殴ったらダメージ0なんて結構あります。



ひ弱だけど、見習い剣士のはずだけどなぁ?

そういう場合はアーツ(魔法)で対処となりますが、これも結構難儀。



左に行動順があります。

アーツを詠唱するとすぐ発動するのではなく、ご覧の通りかなり後回しになります。

この間に敵がアーツ解除の攻撃をしてくる場合もあり。

そうなるとまた詠唱からという地獄です。

さらに、行動順のキャラの右にあるものによって様々な効果が出ます。

HP回復、攻撃力UP、クリティカルくらいならいいですが、3rdから(多分2ndまではなかった)即死が入ってます。

これが敵の順序に来て敵に殴られると即死耐性を付けていなければ即死します。

行動順の制御や割り込む手段は無くは無いですがそこまで豊富ではありません。

ほんとにエグいです。


何か思いついたらまた書きます。

ご覧いただきありがとうございました。
関連記事

スポンサードリンク

英雄伝説 空の軌跡 3rd

0 Comments

Post a comment


スポンサードリンク

What's New